霞ゆく空を見上げて

自由気ままに色々なことをコンブが書き記していくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターハンター

なんとなく暇だから作ってみた・・・ どうせ変でおもしろくない作品です。
-----------------------------------
白く一面に雪が降り注いでいた。天候は夜。そこにある一人のハンターが歩いていた。名は『リオン』。どこにでもいるただのハンターだ。今日は気晴らしに雪山に散歩に出ていた。「今日も変わらない景色だな。」そう思いながら、雪山を歩いていた。だが、今日は違った。何かが・・・。「今日は、静かだなぁ。モンスターが少ないや。」少し不思議に思いながらものんきに散歩をしている。毎回、散歩をしにくると必ず雪山の頂上に行っている。そこから見る景色がものすごく綺麗だからである。「今日もいつものとこに行くか!」
そして、頂上にたどり着いた。そこには、血だらけで倒れているポポがいた。既に息はしておらず、何らかのモンスターがポポを襲ったのだと思う。と、そこに上から黄色い飛竜が下りてきた。飛竜を目にするのは初めてで戸惑いつつも手に持っていた片手剣を瞬時に取り出した。「こいつが、ポポを!!」怒りが込み上がり飛竜を倒そうと思うが、飛竜はリオンに向かって突進してきた。それに驚き盾で防御するが、あまりの勢いに体が浮いてしまい、崖へ 落ちてしまった。その後は目が眩み気を失ってしまった。
「…お、目が覚めたか。」『ここは…』「おっとまだ起きあがらない方がいい。しばらく安静にしているんだ。崖から落ちたんだろ?下が雪で助かったな。」『そうだ、俺崖から落ちたんだ…』「全身打撲に失神、それに軽度の凍傷と、まぁ全治数日ってところだろうな。」『そっか、どうりで体が痛いと思った。』「まぁともかく、しばらくゆっくり休みたまえ。」そう言って男はさって行った。『そうだな、少し休むか。』そう思い眠ってしまった。
しばらく、寝た後に目が覚めて外に出た。『ここはどこ…?』目の前には見知らぬ町に自分がいた。『とりあえず、村長に会いに行こう。』そして、村長の元へ行った。「おぉ、すっかりよくなったようだの。」『はい。色々と迷惑をお掛けしました。』「うむ。改めて自己紹介をさせてもらおう。このオババが、ポッケ村の村長さ。」「ヌシには、この村付きのハンターとして、居着いてもらう。ヌシが寝ていた家があるだろう?あそこを自由に使っておくれ。」『分かりました。けど、良いんですか?あそこの家って誰か住んでるんじゃぁ?』「大丈夫じゃ、あそこは最初から誰も住んでおらん。好きに使って構わんよ。」『はい…』「とりあえず…そうだな、まずヌシの力を見せてもらうために、この近辺で依頼された簡単なクエストを受けてもらおうか。」『え!?』「なに、ヌシも病み上がりだ。少し慣れてきたら、他の場所からの依頼も受け付けてやるから、まずは肩慣らしだと、思うことだね。」『は、はぁ…』「ともかく、無理せずのんびりと、頑張っておくれ。ヌシには期待しておるからの。」そう、村長から話しを聞いた後に村長から1500Zを貰った。
こうして、リオンはポッケ村で過ごすことになった。不安と期待を胸に新たな狩りが今始まった。
-----------------------------------
とまぁ、こんな感じw^^; まぁショボイ話しだが、頑張って続きを書こうとは思っています・・・。 ということで、この辺で、ノシw
スポンサーサイト

コメント

コメントを君に捧げます。

  • 2007/04/09(月) 00:23:22 |
  • URL |
  • ぐれりんEX #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://konbu0322.blog86.fc2.com/tb.php/16-0df3f727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。